FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やるだけやれ!(その2)

やるだけやれ!その2です。
前回は精神論のような感じになりました。
今回は、私の過去の話になります。

私は、小学生の時、同級生にからかい半分で「お前なんて生まれて来なければよかったんだ」
と言われた経験があります。
その時と言ったら、教室の自分の机を投げ飛ばし、泣きながら家に走って帰り、家で泣き叫びました。
自分の心臓をわざと叩いて死期を早めるということも行いました。
早く死ねば、暴言を吐いた同級生に復讐ができると当時は思ったのでしょう。

しかし、すこしずつ、そうではない。ちがうんだということを、経験していきました。
当時は小学生だったのでわかりませんでしたが、時が経つにつれ、「いろんな考えを持ったいろんな人がいるんだ。」
それを容認せざるを得ない。ただ、批判してくる人はいつも光っている人を批判する。
これは学びました。

私は心臓を叩いて自分を苦しめるのではなく、手術に耐え抜いた縫った胸の傷を勲章と思い生きていく。


心臓疾患を持っているから人より出来ないのではない。
心臓疾患を持っているからこそ他人にはできないことがある。

そう考えます。

私は健康な人を見ると、しばしば、「あちゃー、もったいないな~」と思う。
せっかく不健康ではないのだから、寝食を忘れる勢いで何かに取り組めば可能性はものすごく広がる。
それなのに、「まぁそこそこでいいでしょう・・・」という考えを持つ人が少なからず一定数いることに私はがっかりする。
いろんな考え方は容認するが、私は残念だと思う。

せっかく健康なのだから、不健康になる前に、やるだけやってみろ!
そう叫びたいです。
少なくとも私はそこらへんの健康な人よりも負けないという意気込みで毎日何にでもチャレンジしている。
そういうマインドがないと、体は健康でも、心は不健康になるものだ。

人生を豊かにするもの・・・それは、前に一歩でも進むちょっとした勇気なのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。