記事一覧

セロトニンの増やし方

セロトニンを増やすには?セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから5-ヒドロキシトリプトファンを経てセロトニンになる。 人体内には約10mg存在し、消化管粘膜に90%、血小板中に8%、脳内の中枢神経系に2%存在する。 体内では主に小腸にある腸クロム親和性細胞、および腸クロム親和性細胞様細胞が産生し、腸の蠕動亢進に働く。そのため、消化管のセロトニンが過剰に分泌されると下痢になり、分泌が少ないと便秘になる。 消...

続きを読む

心配性の原因物質セロトニン

「家の鍵かけたかな?」「火、消したかな?」「あれ?会議の議事録メールしたよな?」など、とにかく心配性の人が多い。かくいう私もその一人だ。鍵が心配なら必ず戻って確認する。しかしその心配性の原因は生まれつきの性格ではなさそうなのだ。「日本人が心配性であるという脳科学的な理由は、神経質傾向の強いS遺伝子と呼ばれる セロトニントランスポーター遺伝子を持つ人が、〝世界で一番多い〟ことが関連している」出典それ...

続きを読む

最強の快楽物質ドーパミン

勉強とかあまりやりたくないものですよね。でも、最強の快楽物質ドーパミンを利用すれば、やりたくなる脳になる!人間は、限界の一歩先や、初めてやったことをすると、ドーパミンが出る。快楽物質な為、その回路が強化される(強化学習という)。すると、またその行為をしたくなる。たとえば、女の子と一度もデートをしたことない男の子が、「デートに初めて誘う」場合。デートに誘う➡︎デートが決まる➡︎デートをする➡︎ドーパミンが出...

続きを読む

脳科学的に心理を探ってみる

世の中にはいろんな人がいる一方、同じような悩みを抱える人がいる。例えば心配性、不眠症など。なかには、強迫性障害など、マイナーだが意外と多くの方が患っている精神疾患もある。私は専門家ではないが、脳科学の知見より、人の病気や心理を切ってみようと思う。精神的なことで悩んでいる方、ぜひコメントください!※私は脳科学の専門家ではありません。ネットなどで様々な文献に目を通し総合的に判断した結果を書きますが、そ...

続きを読む

暴力が許されない社会

学校のイジメが発展し、会社でもパワハラと言う名の暴力が存在する。しかし、ここはひとつ断言しておく。暴力が正当化される場面なんて1つもない。絶対に罰を受ける。暴力を振るわれて悩んでいる学生諸君!大丈夫、絶対に君を殴ったやつは、罰を受けるのだから。そう信じることが前を向き続けることの秘訣なのかもしれない。...

続きを読む